甘い幼稚園の運動会は修羅場|出前にビール…規則にないからと宴会場にする保護者達

401

季節は初夏。最近では行事の詰まった秋に運動会をやらずに、春の運動会を開催する園も多くなってきましたね。

運動会は園の年間行事の中でも1.2を争う大きなイベント。そう、イベントと来れば保護者、保護者と来れば…、もうお分かりですね。運動会は非常識保護者の巣窟なのです。

我が家の予定優先!行事を入れるなんて許さん!園を私物化する独裁者保護者

毎年、多くの園では春に「年間行事予定表」が配られるのではないでしょうか。

特に共働きの保護者だったりすると、一年間の大体の流れが把握できないと困りますよね。園のほうでもそれがわかっているからこそ、熟考し残業し頭を悩ませ、年間行事予定を作ります。

ちょっと話はそれますが、園行事を組み込める日程というのは年間2~3日あればいいほうです。

  • 先生方の研修やら業者の手配の関係、
  • 会場や駐車場、
  • 地域小学校の行事との兼ね合い(小学生の兄弟がいるご家庭も多いですよね。)

などなど、更に毎年実施する月は決まっていますから、そうなると大抵「この日しか!!!」という風になってしまうんですね。選択の余地はほとんどありません。

そんなわけで園が頭を悩ませて春の時点で搾り出すあの「年間行事予定表」。配布したその日から園では問い合わせ対応が始まります。

  • 大抵は去年は何日ごろだったのにどうして今年は何日なのかとか、
  • 〇〇小学校の参観日なので他の日にして欲しいとか、

先生が確認しきれなかったことの問合せなので、訂正のプリントを出したりしながら一つ一つ対応していきます。

それはまあ、毎年必要な調整なのでかまいません。小学校と連絡を取り合って日程を組んではいますが、洩れることもあるので教えてくれると助かりますから。でもね、近年増えてきた問合せはもっと凄いんです・・・。

  • 「あのぉ~、5月の~運動会の日なんですけど、うちの実家でバーベキューすることになってるんで~日にち変えてもらいたいんですけど。」
  • 「秋の学芸会なんですけど、うちの子、秋ぐらいからいつも咳が出始めて~、セリフとかちょっとキツイんでかわいそうなんです。年明けの卒園前とかに変更してもらいたいんですけど、なんとかなりませんか?」

毎年いるんです、こういう保護者。

まさに「知らんがな!」状態。まあ、先生はやさしいのでそんな事は言いません。思ってますけど。やんわり丁寧に事情を話してわかってもらっています。

そういう保護者は大抵納得せずに後でなんだかんだと言い出します。「大体風邪を引く子供が多い季節に学芸会をやるなんて、この園はちっとも子供のことを考えてない!」とか言って騒ぎ出すんです。

滑稽ですが、自分の提案が受け入れられないと周りのママ達からの評価が下がる…、と思っているフシもあります。とはいえ、大多数の保護者が呆れ顔で見ていますけどね。

運動会だ!お祭りだ!!競技そっちのけの宴会保護者

まあ、陽気もいいですしね、ビールを開けたくなる気持もよくわかります。親子競技でいい汗かいて、周りは普段から仲良しのママ友だらけ、夫婦で来てるからにぎやかだし。

でもね、わかるのは気持だけ。本当にやったらただの…、う~ん何でしょうね、放送禁止用語しか浮かばないわ。(笑)

ちなみに運動会の詳細プリントには「アルコールは持ち込まないでください。」と明記してあります。まあ、明記されること事体情けないですが。明記されている以上大っぴらに飲んでいればワタクシのような保護者会長が「おいこらちょっとまてや!」と声をかけますからおおっぴらには飲みません。手がかりはいくつかあります。

  • ペットボトルホルダーに缶ビールを入れる。
  • プチタオルを巻いて何かを飲んでいる。(ずり落ちるので輪ゴム使用)
  • やたら赤い顔をしている。
  • 声がデカイ
  • 息がくさい

5個当てはまったら完全にクロです。もちろん証拠を掴んでやめてもらうようにします。

いえ、やめてもらっていたのです例年は。私の代では「安全が保証できない」という理由でお帰り願いました。(というか会場から出ていただきました)お子さんは可愛そうですね。でも自業自得。子供達が一生懸命競技している数時間も我慢できないなら運動会を観覧する資格はないのです、ええそうですみせしめです。(会長の湿った楽しみとも言う)

弁当とか超絶面倒!出前でもいいじゃん!開き直り型出前保護者

規則には書いていなくてもやったらだめなことって世の中いっぱいありますよね。法的に問題なくても「世間様が許さない」ってやつがそうです。常識と言い換えることも出来るかもしれません。

運動会では(園の行事全てですが)この常識のギリギリ枠外のことが一番困るんです。例えばこんなことが…。

運動会のお昼休憩、このときばかりは役員も子供と一緒に楽しい時間が過ごせます。

一通り仕事が終わり、自分の陣地へ行こうとしたその時、テント付近に某ピザ屋のお兄さんが。すると私を見つけた配達員の方がこういいます。「すみません、マイクで〇〇さんという方を呼んでもらえませんか?」私の頭の中ではまちゃまちゃが「はあ!?」と大きな声で叫んでいます。(古っ)

(呼べなくないですよ?ないですけど、まさか誰か出前を取ったの!?)とっさにどうしたものか混乱しました。配達の人も困るだろうし、このピザのためにテント放送を使ってよいものかどうか瞬時に判断できなかったからです。先生に相談しようと思ったところで、向うのほうから「きゃははは~、来てる~!」と言いながら保護者2名が財布を抱えやってきました。

「すいませ~ん、うちですうち!」

あっけにとられる私を尻目にさっさと支払いを済ませ、ピザを抱えて去っていく保護者。その陣地に目をやると、どうやら2家族で4枚のピザを食べるらしい。もちろん禁止事項に「出前は取らないでください」とは書いてないんですよ。注意したところで「え~、そんなこと書いてないですよね~。」って言われるのがオチ。

書いてない以上、アルコールのように強い姿勢に出ることは不可能です。「常識が~…。」なんていったって何の説得力もありゃしません。こういう場合悶々とした気持を抱えたまま黙っているしかないです。まあ、次の年に「出前は取らないでください。」という文言をいれるしか対策できないから毎年規則がいたずらに増えちゃうんです。

今考えても、常識的に「アリ」か「ナシ」かよくわからなくなります。

住所と名前がわかっている以上実際出前は取れるわけで、別段悪い事ではなかったのか、それとも常識で考えたらやっぱり「ナシ」なのか。(自分では絶対しませんがね)

けれど、「大勢が一度にやる」と「確実に収集がつかない」ことであるのは事実です。やっぱり常識の範囲かそうでないかは「大勢が真似しても困らないこと」を基準に考えたらいいのではないでしょうか。

園選びの時点でちょっと頭に入れてほしいこんなこと

今や園も多種多様な特色で園児を集める時代。口コミ文化も相まって、色んな情報が流れていると思います。

園選びでも規則がきちんとあり、保護者にも厳しい園や、規則がゆるく保護者に優しい(甘い)園ではどうしても後者に人気が集まります。

でも一つ頭に入れておいてほしいこと、それは保護者に甘い園はそれだけ規則が守れない保護者が多く、「あそこは甘いから楽だよ~。」というノリで子供を入園させる人もたくさんいるということ。中には人気集めで規則を自由にしている園があるくらいなのです。そういう園の保護者民度は「推して知るべし」。入園してからそういう保護者に囲まれてイライラしながら過ごすことになります。

普通の人なら団体にはある程度の規則はあるべきというのも知っていますから、規則があってもきちんと守れるか、常識で判断できる保護者が集まります。そういう園は行事のたびに不快な思いもすることなく、楽しく過ごせるのではと思います。先生との信頼関係も強いのも特徴ですね。このことは園を選ぶ際にちょっと心に留めておくといいと思います。

Sponsored Links