取り寄せ資料考察5:株式会社KMW(ハネッセル)

2015-06-10_10h01_06

各社にOEM提供しているスポーツバッグメーカーのランドセル。今までのランドセルとは雰囲気がまるで違う。ランドセルというよりスポーツバッグ。女の子受けは悪そうだけど、男目線だとかっこ良く見える。

今まで私は「ランドセルはシックな牛革がいいかな」なんて考えていたけど、一石を投じられた気分になった。

「スポーツバッグのようなランドセルもありじゃん!」

ハネッセルは正統派ランドセルの対抗馬として要チェックだ。

どことなくメカニカルな雰囲気のランドセル。登山料リュックサックのランドセル版なので背負やすさの工夫は相当なものがありそうだ。
2015-06-10_10h09_58

特筆すべきは肩ベルトの調整具。5mm単位で長さの調整ができるのはハネッセルだけ。
2015-06-10_10h12_45

裏側はこんな感じ。
2015-06-10_10h18_59

肩ベルトじゃなくて、ショルダーベルトって名称なんですね。
2015-06-10_10h15_46

バリエーションは少ないが、私好みの黒字に赤縁があるので問題なし。
2015-06-10_10h16_51

資料に販売店情報が含まれていないと思っていたら、イオンで普通に売ってた。
2015-06-10_10h22_57

お値段はこんな感じ。
2015-06-10_10h23_42

立体感の有る背当て。
2015-06-10_10h24_14

背カンの工夫はピカ一。凄く丈夫そう。ショルダーベルトもごつい。
2015-06-10_10h25_11

こちらは同じ売場にあったセイバン天使のはねの背カン。天使のはねも素晴らしい背カンだ。
2015-06-10_10h26_29

A4ファイルを入れたらこんな感じ。(大マチ部分が12cm*23.2cm*31cmのよく見かけるサイズ)
2015-06-10_10h28_21

補償は人並みか。
2015-06-10_10h03_23

総評

登山用リュックからヒントを得て体感重量を減らす工夫を盛り込んだ、機能性の高いランドセル。実物がイオンにあったので手にとって確認。試着もしてみた。

重量は1380gだった。ハネッセルを手にした後にセイバンの天使のはね(重量1120g)を手にとったら、その重さの違いに愕然とした。「1380gは重い」とはっきり認識できた。この実重量の違いをランドセルの機能でどれほどまで軽減できるのか気になるところだ。これは後日重りを10分間背負わせて確認する必要があるだろう。

ハネッセルの外観は工業的に作られたスポーツバッグの印象が強い。手縫いを売りにしているランドセル専門工房の逆を行く。実用一辺倒ならこれもありだなと感じた。

  • 実重量は重い
  • 人工革のみ
  • 中国製
  • 工業製品
  • デザインは男の子好み
  • スポーツバッグの気軽さ
  • イオンで売っている
  • 5万円以内
  • 登山用リュックの応用で体感重量への工夫は随一?

人工皮で本皮並の重量なのは、耐久性を上げるためなのでは?と考えている。要調査だ。

Sponsored Links