取り寄せ資料考察7:ランドセル工房生田

2015-06-12_11h14_07

革のバリエーションが豊富。デザインはシック。革と作りで勝負する姿勢が好印象だ。

本皮も防水加工でお手入れが楽。「クリームなどは品質が変わるから使わない方がいい」とまで言い切るのは頼もしい。
2015-06-12_11h16_58

雨に濡れたら拭くだけでいい。
2015-06-12_11h26_57

オーダーメイドも基本的なものを普通に選べる。派手さはないけどいいね。
2015-06-12_11h19_38

ベースとなるランドセルに幾つか種類があるのが珍しい。生田のオーダメイドは当たりかも。
2015-06-12_11h20_09

コードバンも選択できるオーダーメイドランドセルって他社にあったかなぁ・・・?
2015-06-12_11h21_15

オプションで便利な持ち手も取付可能。
2015-06-12_11h22_09

なんとサイスまで変更可能。侮っていた。凄すぎだ。
2015-06-12_11h22_55

コバ塗りなんていうシリーズも有ります。これも生田だけ。
2015-06-12_11h23_48

コードバン使用で牛革並みの価格は嬉しい。革を適材適所で配置しているから実現できる価格なのかな。
2015-06-12_11h25_28

6年補償は人並み。
2015-06-12_11h16_19

店舗は大阪のみ。
2015-06-12_11h28_04

展示会は大都市圏だが回数は少ない。
2015-06-12_11h29_21

総評

ランドセルとしての隙の無さに加えて、オーダーメイドの選択肢が他社より頭ひとつ突き出ている印象。安易な装飾で差別化するのではなく、革や大きさを選択できるのはかなりポイントが高い。

  • 背カンの工夫はあるが肩ベルトが立ち上がっていない。
  • 店舗が大阪。
  • 展示会は東京で開催されるが、遠く回数が少ない。
  • 革にこだわり本物を追求する姿勢がいい。
  • 補償は人並み
  • オーダーメイドの質が素晴らしい
  • 丈夫さも追求している。

間違いなく購入候補となるメーカーなのだが、実物を触る機会が限定されている。泣く泣く候補から外した。大阪に住んでいるならオススメ。

Sponsored Links