入学前のひらがな勉強はどうすべき?小学校ママから聞いたビックリな事実

421

入学準備と聞いて思いつくのが、やはりひらがなやカタカナを書く練習です。年長さんから読み書きの練習をするお勉強系の幼稚園もありますが、のびのび系の幼稚園では、そういった学習が一切ないことも珍しくありません。

我が子が通ったのびのび系幼稚園も、ひらがなやカタカナの学習の時間は、全くありませんでした。

そんな幼稚園に通うママの中には、
「ひらがなが書けないまま入学しても大丈夫?」
と不安を覚える人もいるでしょう。

入学を控えた年長さんは、果たしてどの程度ひらがなをマスターしておけばいいのでしょうか?

基本的には自分の名前が読めればOK

小学校入学前の説明会で、私が1年生を受け持つ先生から聞いた話は、
「ひらがなは、自分の名前が読めていればひとまずOKです」
というものでした。

入学後、自分の下駄箱や机、ロッカーなどを間違いなく使えるようになるためには、自分で自分の名前を確認できることが大前提。そのため、まずはひらがなで書かれている自分の名前が読めていることが必要です。ただし、これは“最低限できていてほしい”というレベル。

年長さんにもなれば、だいたいのひらがなは読める子供も多いでしょうから、これは楽々クリアできることでしょう。しかし、名前を読めるだけで、他のひらがなは書けなくても大丈夫なのでしょうか?

せっかくひらがなを覚えたのに、努力が水の泡に?!

もちろん、ひらがなを全く書けないよりも、少しでも書けた方が、後々の学習でつまづくことは少ないように思えますよね。しかし、あまりに頑張ってひらがなを習得することにこだわると、思わぬ落とし穴にハマってしまうこともあります。

説明会での先生の話は、こう続きました。

「入学前から、家で一生懸命ひらがなのお勉強をされるお子さんもいます。お母様も一生懸命です。

それはとても素晴らしいことなのですが、1年生では、ひらがなの書き順、とめ・ハネ・はらいなどを、一文字ずつ徹底的に学習します。

そこがきちんとできていないお子さんの場合、せっかく家でお勉強してきたとしても、教師が何度も指導し直さなければならないこともあります。

そうするとお子さんはガッカリしてしまうし、学習意欲をなくしてしまうのです」

ひらがなは、全ての漢字の基本となるもの。1年生のうちはかなり丁寧に、そして厳しく一文字一文字を学習します。私も実際に子供たちが入学して驚いたのですが、見本とすっかり同じように、とめ・ハネ・はらいができていないと、丸がもらえるまで何度でも書き直しさせられるのです。

間違って覚えてしまった書き方を修正するには、とても時間がかかります。家庭で適当にひらがなを覚えさせる程度では、入学してから何度も修正することになり、子供自身が嫌がってしまうことも考えられます。

そのため、家庭学習でひらがなを教えるからには、学校で習うように書き順やとめ・ハネ・はらいをしっかりと意識して行うことをオススメします。それができない場合は、無理にひらがなの学習をすすめる必要はないのかもしれません。

ひらがなを書けるようにするよりも、迷路や線つなぎなどで運筆の練習を重ねる、絵本をたくさん読むなど、学習にこだわらず、子供が楽しめる方法を工夫するのもひとつの方法です。

また、これとは反対に、ひらがなが完璧に書けるようになっていることで、子供が授業をつまらなく感じてしまい、学習に集中しない、先生の話を聞かないといった思わぬ弊害が出てくる可能性も。頑張って先取り学習をした結果が、入学後の授業態度に影響を及ぼすこともあるのです。

学習の進め方には地域差もある!

自分の名前が読めればOK。ひらがなの学習は入学してから学校で徹底的に行う。

この二点だけを見れば、年長さんのうちに何が何でもひらがなをマスターする必要はないと感じますよね。しかし、注意しなければならないのは、地域による学習の格差です。

私が住んでいる地域は比較的田舎で、のんびりしているので上記のような感じですが、他の地域では

  • 1年生でも入学翌日から自分で連絡帳に予定を記入する
  • 入学前からひらがなの読み書きができるのは当然として授業が進む

という小学校もあるようです。

入学前にひらがなを書けるのは当たり前という暗黙の了解があるような地域では、みんながすらすら読み書きできる中、我が子だけが置いてけぼり、という状態になってしまう可能性もあります。

それを避けるためには、近所の先輩ママからしっかりと情報をもらうことが必要です。子供が通う予定の小学校では、学習準備はどのレベルまで必要なのか、ひらがなは書けなくてもいいのか、書けた方がいいのか、それはやはり、実際にそこに通っている小学生のママが一番良くわかっています。

不安がある場合は、どの程度まで学習しておけばいいか、先輩ママの話を聞いて参考にするといいでしょう。

年長さんになると、子供自身もだんだんとひらがなへ興味を示すようになります。家で何らかの学習教材を使ってひらがなを練習している家庭も多いことでしょう。しかし、本当に正しくひらがなが書けているか、子供任せにせずに、ママがしっかり確認することも大切ですね。

Sponsored Links