取り寄せ石料考察11|株式会社セイバン(天使のはね)

2015-06-24_14h15_35

知らない人はいないであろうセイバン。何気なく見かけたCMの振り付けのセンスから、変なランドセルメーカーというイメージを持っていたのだがが…、調べてビックリ超まっとうなランドセルメーカー。しかも最大手ということで2度ビックリ。

各ブランドにOEM供給したり、イオンなどの量販店でも普通に売っていたりと、どこででも見かけるランドセル界の中心的存在だろう。

かなりの数が販売されているはず。しかも日本製なので驚いた。
2015-06-24_14h34_28

すべて人工皮なのだが、一瞬「おっ?高級感が有るな。」と思えるようなものもあった。工夫が感じられる。
2015-06-24_14h45_45

A4フラットファイル対応とサイズは大きめ。
2015-06-24_14h35_29

背当ての生地とクッション材で背負いやすさを追求。
2015-06-24_14h36_36

軽く感じるのが天使のはねの大きな特徴。体感重量を減らす工夫を最初に始めたのはセイバン。だから本家本元のお家芸なのだ。
2015-06-24_14h37_24

見た目の装飾だけではなく、背負やすさを徹底追求している。
2015-06-24_14h39_13

耐久性はちょっと心配だ。
2015-06-24_14h39_58

男の子用ランドセルも種類が多い。
2015-06-24_14h40_45

残念なのがどのランドセルにも必ず装飾が施してあること。全く無地のシンプルなランドセルはラインナップに無し。
2015-06-24_14h41_21

6年補償は人並み。これといって抜きん出たものはない。
2015-06-24_14h43_30

オンラインストアもしくは2つの店舗でのみ10%割引。(12/31まで)
2015-06-24_14h44_05

以外にも店舗は2つのみ。まぁイオンにいけば普通に売っているから問題ないか。
2015-06-24_14h42_39

総評

さすが最大手のランドセルメーカーだけあって、背負やすさという最重要ポイントをきっちり抑えている。全国どこででも入手できるのも強みだ。本皮にこだわらないのなら、選んで間違いのないメーカーだろう。

  • 耐久性に疑問。
  • 全てのランドセルに装飾が施されている。
  • 人工革のみ。
  • 体感重量を求める姿勢は最先端。
  • A4フラットに対応の大きさ。(11.5cm*23.5cm*31cm)
  • 全国どこででも実物を見て入手可能。
  • 最大手の安心。

残念なのが装飾の施されていないランドセルが存在しないこと。またデザイン性を優先して縫い目が多いため耐久性に疑問。

軽さと背負やすさの追求は素晴らしいのだが、購入候補からは外そうと考えている。

Sponsored Links