彼が仕事の愚痴ばかり言うのを否定してはダメ!貴方にしか言えないのかもしれません。

2016-05-24_10h29_02

「遠距離の彼は口を開けば愚痴ばかり」そんな風に感じている人もいると思います。

こっちはもっと楽しい話とか、次に会ったら何をしよう、どこに行こうといった話をしたいのに・・

実はこれにはちゃんとした理由がある場合も。

今回はその理由と実際そんな彼にどう対応したら良いのかを考えてみたいと思います。

彼はあなたにしか話せないのかもしれません。その真意をよく汲み取ってみましょう

「今日仕事でさ~・・」彼のこんな言葉を聞くたびにあなたは「またか・・」と溜息が出るといった事があるかもしれません。

そんな事はなく、毎日ラブラブな会話ばっかりだよ~という人は幸せだと思います。ですが、サラリーマンの彼を持った人ならこんな経験はあるのではないでしょうか?

「どうして電話できるこの貴重な時間に愚痴ばかり言うのよ・・」そう思うかもしれないですね。

でもそこにはこんな理由がある場合があります。それは、彼にとって今愚痴を言える人はあなたしかいないかもしれないという事です。

これは彼の状況にもよって変わるのですが、もしも彼がまったく知らない土地で一人で仕事を頑張っているとします。友人も親もいない中、新しい職場にまだ心を開いて話せる人もいません。そんな中、あなたは彼にとって「唯一の心のよりどころ」である可能性があるのです。

職場の中ではなかなか弱音を吐く場所はないと思いますし、親には心配をかけたくないし言いたくないと思う男性は多いものです。もしここで彼があなたに何も愚痴も何も言わない人だったらどうでしょう?

嬉しいでしょうか?それとももしかしたら愚痴を言ってくれない方が心配に感じるのではないでしょうか。「私を頼ってくれていないのかな?」そう思ってしまうかもしれません。

そして愚痴を言わない男性の心境としては、「どうせ言っても適当にあしらわれてしまうし・・」「いつも愚痴を言ったら嫌そうだしな・・」こんな風に思っている可能性も。

そう思うと「愚痴」を言ってくれるという事はそれだけあなたに対して心を開いていると言えます。

誰でも、人の愚痴を聞くのは楽しいとは思わないですよね?もちろん彼もその事が十分分かっているのです。こんな話をしても彼女は喜ぶとは思っていないでしょう。

でも、あなたを頼っていて、安心できる存在だと思っているからこそ、こぼしてくれる愚痴だと思うと少し嬉しくはないでしょうか?

あなたが彼の愚痴を真剣に聞いてアドバイスなり共感をする事によって、お互いの絆というのはしっかりとしたものになると思いますし、距離に関係なく確固たる関係になれるのではないかと思います。

Sponsored Links

シェアしてくれると嬉しいです

フォローする