仕事再開する前に注意!保育園の「ならし期間」忘れてませんか?

R10_1

一年間の産休と育児休業が終わりそうな時に考えるのが職場復帰ですね。

保育所の始まりは4月1日からです。1日目は入所式が行われるので、保育も午前中までになります。「2日目から新しい生活リズムが始まるのかな?」と少し緊張しそうですが、大抵の場合「ならし期間」があります。

「ならし期間」というのは子供が保育所に慣れる期間のこと。

働くママにとってならし期間意識することはとても大切です。事前に注意点を確認しておきましょう。

1週間はならし期間と考えよう

ならし期間は年齢に応じて日数が違ってきますが、0、1歳児については1週間が多いようです。

「ならし期間の日程としては」

  • 1~2日目  午前中迄
  • 3~4日目  昼食後昼寝明けの2時30分から3時位迄
  • 5~6日目  夕方4時30分
  • 7日目    通常園の保育迄の保育時間

となり、ならし期間修了後、延長保育を依頼している場合はその時からとなります。

<3h>本当に1週間で慣れる?

子供によっては1週間過ぎても更に様子を見て2、3日伸びる場合もあります。

子供にとって家と違う環境は慣れないものですし、保育士の方もこの「ならし期間」で子供の様子を見る期間でもあるようです。期間が長くなることがあっても気にせずに焦らずにして下さいね。

たいてい1週間で子供の様子が分かり、通常の保育となります。ならし期間の間で不安な点があれば保育士の方に確認して下さいね。お話することで子供が早く慣れるようになりますよ。

忘れてしまいがちな「ならし期間」の存在

職場復帰の時は必ず「1週間は預かり時間が短い」ことを説明して復帰の時期を考えて下さいね。

また場合によっては「ならし期間」が延びることもお忘れなく。つい4月1日から保育所が始まると考えてしまいますので。

職場復帰時期は子供さんもご自身も慣れないことが多いと思いますが、始めの1週間まずは乗り切って5月のゴールデン迄は頑張ってくださいね。

補足ですが、他の保育所からの転所の場合でも同様にならし期間はありますよ。

Sponsored Links