うちの子だけが偏食なの?まずいと評判の幼稚園の給食を試食してみた

I1

うちの子は幼稚園の給食が大嫌い。先生に聞いてみたら半分程度しか食べないそうです。

もともと好き嫌いが激しいのですが、半分というのは酷いですよね。

  • 給食を残して先生に怒られてないかな
  • お腹すかせていないかな
  • お昼をどんなふうに過ごしているのかな

ママ友の間でも「給食を食べられるかな」という悩みを持つ方々は多いようです。ずっと疑問だったお昼の過ごし方。幼稚園生活2年目にしてようやく実態が見えてきました。

うちの子だけが偏食で給食が食べられないの?

「自分の子だけが給食が嫌いなのか?」

このように考えていましたが、そうではありませんでした。幼稚園に確認したところ、クラス全体が同じように、同じものを残す傾向がある事があるとのこと。うちの子だけが「給食が嫌い」というわけではないのです。

子どもたちが給食を嫌がる理由は、食べ慣れたおかずが無いから。

一番人気のカレーライスやご飯、パン、麺類を残す子は殆どいません。しかし酢の物や野菜炒めなどは食べてもらえないのです。

無理に嫌いなものを食べなくても、代替品で栄養を摂ることができます。また「嫌な思いをさせて、食事が嫌いになられても困る」と言った考え方もありますよね。そのため無理に食べさせることはしません。その影響が「給食が食べられない」につながっているのだと考えられます。

私ができるのは、好きなものだけが給食のメニューになった日に「全部食べられたよ!」と喜ぶ子供を褒めてあげること。そして「次も全部食べられるよう頑張ってみようね!」と励ますことでしょうか。

まずいと評判の幼稚園の給食を実際に試食してみた

「幼稚園の給食はまずい」
これは入園前にママ友から仕入れていた情報です。

「それでなくても好き嫌いがあるのに、美味しくないんじゃ、何も食べられないんじゃないか!?」
そう心配したものです。そんな評判の給食を試食できる「給食参観」というものが年中さんの時にあり、嫁が試食をしてきました。

参加費は一人350円の有料です。子どもたちと同じメニューですが、一品追加されます。幼稚園と大人が同じ量じゃ足りないですもんね。今回は子どもたちが揃って残す煮浸しがついていました。

有料にもかかわらず、ほとんどのママ達が参加していました。やはり給食はどの家庭でも気になる問題なのでしょう。

「どれだけ美味しくないのか?」

そこに焦点を当てた試食になりましたが、食べてみたところ悪くない印象。「たまたま当たりの日だったのではないか?」という声もありましたが、「まずいまずいと言う程のものでは無い」という結論でした。

ただ、見た目はパンフレットにあるような可愛らしく美しいものではなく、「もっと雑然としていて崩れていた」とのことでした。

幼稚園の給食に対する考え方

幼稚園によっては給食をどの程度食べたのかを毎日連絡帳で知らせてくれるところもあります。

しかし、うちの幼稚園ではそのようなサービスはありません。そこで幼稚園に給食を残すことについてどのように捉えているのか確認してみました。いくら無理に食べさせないようがいいと言っても、毎回半分も残すのは食育上よくありませんものね。

このような回答を得ました。

  • 年少さんの場合は、「これ一口だけ食べてみない?」と励ましてみる。
  • 年中さんの場合は、子供によって励まし方を変える

とのこと。

頑張れば食べられる子なら何回でも励ますけど、励ましても無理とわかっている子の場合は、1回だけで終わりにするそうです。残念ながらうちの子は後者でした。

また「食育はしません」ときっぱりと断る先生もいます。冷たいようですが、しつけは親の責任なのでこのような考え方もアリですね。ただ先生によって方針が変わるのはどうなの?と感じますけど。

「幼稚園の給食はまずい」との噂から「どんなものを食べさせてるのだろう」「食べるのが嫌いになるんじゃないか?」等心配になったものですが、蓋を開けてみれば給食は普通。食べられないのは好き嫌いのせい。こんなわけだったのです。

うちの子はホント食わず嫌いで困っています。無理に食べさせようとすると「オェッ!」となるし、さじ加減が非常に難しいです。

  • 「食前はおかしやジュースは絶対禁止」
  • 「残したらデザートは無し」

この2つを守らせつつ、食べられるものを少しずつ増やしていくしかなさそうですね。

Sponsored Links