保育園の父母の会って何?どんな事をしているの?

R11

仕事、家事、育児と本当に毎日が忙しく過ぎますね。なかなか自分の時間が取れないと思います。

忙しい毎日ですが、子供が保育園に入園したら、必ず参加しなければならないものがあります。それは「父母の会」です。

父母の会とは一体どのようなものなのでしょうか?

父母の会が存在する理由は?

「父母の会」の主な役割はこのようなものです。

  • 子供達に保育園以外の体験を提供する。
  • 父母から保育園への要望を代表して伝える。
  • 普段忙しい父母同士の交流のサポート。

保育園とは別の組織のもので、通園する子どもたちの父母が運営しています。

保育園は養護の考え方から、幼稚園と同じような行事が行えない場合があります。また公立の場合、行事を行う予算に余裕がありません。

そこで、父母の会が子どもたちに様々な体験をしてもらえるよう、サポートをするのです。

人形劇や、音楽コンサートなど普段経験できない事を体験してもらったり、クリスマスプレゼントや、卒所プレゼントなど送ったりします。

父母の会の打ち合わせ内容

打ち合わせは保育園外で行います。基本的活動としては、

  • 月1回保育園外で集まります。(公共的な目的の場合は無料ということもあり、公民館を利用します。)
  • 集まる時間などはみんなで決めて行います。たいてい、仕事が終わってからが多いです。
  • 時間は2時間位です。(長くなると子供も退屈してきますので。)
  • 各行事の日程と内容を相談して決めていきます。(総会の日程、運動会のカメラマンの手配、イベントの選定と決定、保育園外の活動(遠足)、卒所プレゼントなど)

公民館に集まる時は子供と一緒のため、簡単な食べ物、飲み物を用意します。また、退屈しないように折り紙など遊び道具も持って行きます。

子供達が遊んでいるそばで打ち合わせます。途中で子供のお世話が必要な時は、誰か適当な人が対応しています。

父母の会の活動例

役員になって初めて「ヘぇ~こんな事も決めるのか!」ということを知る事が多かったです。

例えば、運動会のカメラマン。公立の保育園ですのでカメラマンや運動会での写真販売がありません。そのため恒例としてカメラマン手配と写真の販売は父母の会で行います。他の保育園では運動会の写真は、その年の役員が撮影して販売する所もあるそうです。

運営手順などは過去の議事録を参考にします。また、その年によってイベントの回数や内容、運動会の写真販売の方法なども検討して決定していきます。

初めての事ですので戸惑うことが多いですが次第に慣れてくるものです。情報交換のような雑談もあります。普段分からないことを知る機会になり、ママ同士の繋がりが広がるといったところはメリットですね。

また、父母の会の役員にパパが多数参加する年度もあります。ママだけの会ということではなく保護者全体で取り組むのです。

Sponsored Links