ママ友が出来るのか心配|どんなきっかけで仲良くなれるの?

250

様々なメディアで見かけるママ友問題などを目にすると、不安になってしまったりするかもしれません。中には、ママ友とか面倒だなと考えている人もいるかもしれません。

でも、ママ友がいるメリットも沢山ありますよ。

年齢によって違う様々な悩みを相談したりする事も出来るし、同じくらいの年齢のママ友がいると心強い事もあります。保育園でのママ友の作り方は、同じ組織に所属しているだけあって、とっても簡単なので心配する事はありません。

送迎時間が同じママとはすぐに仲良しに

普段は、送り迎えくらいしか保育園に行く事はありませんね。

保育園では、ママの仕事の時間によって送迎時間は皆バラバラです。勤務開始時間が毎日同じであれば、平日に顔を合わせるママは、いつも決まっている事が多いでしょう。

毎日顔を合わせれば、自然と挨拶以外に話をするようになります。同じクラスの子どもであれば、共通の話題も多く、あっという間に仲良くなることが出来ますよ。

子どもを通してママ同士も仲良しに

年齢が上がると共に、クラスに「仲良し」のお友達が出来ます。子どもや先生が教えてくれるようになるでしょう。

子ども同士が仲良しであれば、気軽に挨拶などをする事になります。自分の子どもが仲良くしている子のママですから、同じくママ同士も自然と仲良くなるでしょう。

共通の話題も沢山あるので、子ども達と同じくらいママ達も仲良しなんて事になったりするようですよ。

もっと積極的にママ友作るなら行事スタッフなどに立候補

保育園によって制度は違うかもしれませんが、PTAがある保育園や行事ごとにお手伝いスタッフを募集したりします。

積極的にママ友を作ろうと思っているのならば、このような場に、自ら立候補しましょう。保育園の行事などに関わることによって、先生や他の学年のママ友仲良くなる事が出来ますよ。

子ども達の喜ぶ顔以外にも、他のママ達からも、感謝されるやりがいのある仕事です。意外かもしれませんが、保育園でのこのような役割に立候補するママは沢山います。普段は仕事がある分、行事には張り切って参加したい気持ちの表れかもしれませんね。

保育園では、クラス全員のママと顔を合わせる事は、行事の時だけになってしまうかもしれません。年に数える程度になってしまうことでしょう。その時には、出来るだけクラスの子どもとママの顔を一致させておくように頑張る事をお勧めします。

年齢が上がるにつれ、子ども同士のトラブルも発生します。なにか問題が発生した時に、子どもとママの顔を一致させておくとスムーズに解決するでしょう。

Sponsored Links