先生に聞いてみた|お家と保育園の架け橋おたより帳をフル活用するコツ

256

保育園での生活が始まると、毎日おたより帳を記入しなければなりません。

登園時とお迎え時に、いつも担任の先生に会える訳ではないので、代わりにおたより帳が大活躍します。日中はどんなことをして遊んでいたのか、食事の様子、体調や排便の具合も記載されるでしょう。

毎日の事だけに、おたより帳に書く事がない、何を書けばいいのだろうと難しく考える必要はありません。活用法次第では、将来見返すのに、ちょうど良い記録にもなりますよ。

一番伝えるべき事は初めに書く

おたより帳は、必ず担任の先生もチェックします。

登園時の先生に「お腹が緩めです」などと伝えたとしても、先生が皆、把握出来るわけではありません。体調や、帰宅時間やお迎えに来る人などの一番伝えなくてはならない事については、初めに記入しましょう。

初めに記載しておく事で、見落とし等の心配も無くなります。口頭で伝えておく事も大切ですが、文章にしておく事で、共通の情報が先生方に伝わります。

育児日記感覚で使用する

育児日記を付けておくと、何年経っても思い出になりますね。

しかし、実際に毎日の成長の記録を付けておくのは難しいものです。おたより帳を育児日記代わりに使うと、きちんと記録として残りますよ。

  • 「夕飯で、お魚を食べることが出来ました。」
  • 「おもちゃで楽しそうに遊んでいました。」

内容は、何でも大丈夫です。日々の生活の中で、気づいたことを記入しましょう。先生方も、お家での様子を把握する事が出来ます。絵なども使って、自由に記入するのも良いですね。あまり堅苦しく考える必要はありません。

質問や意見なども気軽に伝えられる

わざわざ先生を捕まえてまで聞くほどでもない質問なども出てくるでしょう。

例えば、子どもが歌っていたけど、自分が知らない歌があったりした時などです。「「♪○×~★」という歌詞の歌を習ったと言っていましたが、何の歌か教えてください」と記入しておきます。また、保育園便りの様なものの感想や、クラスの掲示物についての感想や意見なども記入する事も出来ますよ。

大切なことは、口頭で確認したり伝える必要がありますが、ちょっとしたコミュニケーションを取る為には、とても便利です。

おたより帳での、お家の様子を先生方も楽しんで読んでくれている様です。読んでくれる人がいるので、やりがいになりますね。

おたより帳は、自由帳です。難しく考えずに、先生とに交換日記とでも考えて、毎日楽しく記入しましょう。1年間記入したおたより帳はかなりの厚みになり、良い記録帳になっていますよ。

 

Sponsored Links