お給食どうしよう、我が子の偏食問題

263

保育園では、基本的にお給食とおやつが出されます。

栄養士さんが、バランスを考えて作られている献立なので、栄養満点。出来れば残さずに食べて欲しいものですね。

しかし、子どもが偏食気味の場合には、保育園での給食はどうなるのでしょう。毎日好きなものが出るとは限らないし、お腹を空かせてしまうのではと心配になりますね。

周りの子どもに影響される

遊びなどでも、子どもは周りの子に影響されやすいものです。

それは、給食の時間も同じ。

隣の席の子どもが美味しそうに食べている様子を見て、自分も食べてみようと真似をします。子どもに多い食わず嫌いの事もあるので、食べてしまえば美味しかったなんて事も良くあります。

大人の説得には口を開けない子どもも、お友達の様子を見ると、すんなりと受け入れてくれるものです。何でも影響されやすい年齢なので、やってはいけない事も真似してしまうのには、注意が必要かもしれませんね。

褒めて伸ばす

食べれないものがあっても、無理に食べさせようとはしません。

無理に食べさせる事で、給食の時間や食事自体が嫌になってしまっては困ります。「美味しいから食べてごらん」などと声を掛け、食べられた時には、沢山褒めてくれます。

子どもも、褒められると得意気になり、次回も食べる事が出来るようになっていきます。食べたよ!と報告するようになるでしょう。

先生方は、褒めるのがとても上手です。家にいる以上に、頑張って食べれないものを克服していくでしょう。お家でも、食べられた時には、盛大に褒めるようにしたいものですね。

ゆっくりと気長に

大人になっても野菜や肉全般が全て食べれませんといった人はほぼいません。

成長に従い、徐々に嫌いだったものも食べれるようになっていきます。心配になりますが、食べなさいと強制するのは逆効果ですので辞めましょう。

また、決まったものが食べれない場合には、嗜好として嫌いという事です。そのような場合には、代替えで同じような栄養が取れるものを食べれば良いと考えると良いでしょう。嫌いな食べ物は、誰にでも一つはあるはずです。

成長期の子どもにとって、食事は大切なことです。しかし、栄養分だけにこだわらず、楽しい食事の時間を過ごせるように家でも工夫すると良いですね。どんな材料で作られているか一緒に確認したり、一緒に調理するのも楽しいですよ。

美味しいねと声を掛け、一緒に食べる事が大切です。忙しいからと、一人で食事をさせる事はしないようにしましょう。

Sponsored Links