働くママにおすすめ!夕食作りを乗り切る時短テクのコツ

265

帰宅後の慌ただしい中、夕飯を作るのは大変な事です。

お腹を空かせた子どもも待っているので、早めに仕上げたいものですね。温めたり、焼いたりするだけで食べれるものを冷凍しておくのは代表的な時短テクです。

しかし、せっかくのお休みの日は、誰でもゆっくりと過ごしたいものです。お休みの日にまで、頑張って本格的な下ごしらえをしておくのも面倒ですね。

調理が簡単とまでは行かなくとも、何にでも応用出来る程度の下ごしらえなら出来そうな気がしませんか?

野菜はあらかじめ切っておく

サラダの材料になりそうな野菜は、あらかじめ切って、タッパーなどに入れておきます。

そのまま盛れば、もちろんサラダになります。味噌汁の具材に使うことも出来ますし、炒め物にも使えるので万能。野菜を切って洗うという一手間が省けるだけでも、時短に繋がりますよ。

千切りなどにすると、使い道がサラダになりがちなので、2種類くらいの切り方で用意しておくと更に便利。野菜を保管するタッパーは、意外と場所を取りますので、冷蔵庫を整理しておく習慣もつくでしょう。

茹でておく

大根やカボチャ、じゃがいもなどの根菜は、一度茹でておくのがお勧めです。

帰宅後に煮物を作ると、時間が掛かってしまうのが悩みの種。週末に多めに作り、平日に食べるのも良いですが、何日も続くと子どもも飽きてしまいます。一度茹でておけば、味をつける程度にさっと煮れば完成ですよ。

サラダ以外でも、野菜を取りやすくなりますね。また、ペースト状にするのも簡単なので、ポテトサラダなどもすぐに仕上げる事が出来ます。

タレを準備しておく

生姜焼き用のタレや照り焼き用のタレなど、様々なものが市販されています。

それらの市販のタレを購入しておくのも良いですが、何種類も購入する必要があり収納場所も取ります。基本的なタレは、自分で調合して保管しておくのが便利ですよ。

一番よく使う「醤油、みりん、酒」をあらかじめ混ぜて作っておきましょう。必要があれば、砂糖などを入れれば良いだけの状態にしておきます。生姜焼きや、煮物などにも応用する事が出来ますね。

味噌味のものや、酢を混ぜたタレも常備にお勧めです。

電子レンジを活用

電子レンジをフル活用しましょう。

ガス台で味噌汁とメイン料理を作っている間に、電子レンジでもう一品作ることが可能です。複数の野菜を盛り、ラップをして温めれば、温野菜サラダの出来上がりです。ナスをレンジに掛け、タレを和えれば立派な一品。

品数が少ない食事だと、どうしても食べることが出来る野菜の種類が減ってしまいがちです。簡単なものでも良いので、小さな小皿で一品増やす工夫をしたいものですね。

慣れてしまえば20分程度で、主菜に汁物、副菜二品くらいを用意出来るようになります。平日の夕食作りは凝ったものを作ろうと思わず、簡単で栄養バランスが取れたものを食べる事を優先すると良いでしょう。

メカブやもずくなどを買い置きしておくと、一品足らなそうな時に出すだけなので、便利ですよ。意外と海藻類は、取りづらい栄養素なのでお勧めです。

茹でる、切るだけだけの下準備で、かなり時短になりますね。

Sponsored Links