どのくらいの風邪なら幼稚園に行かせる? 欠席の見極めポイント

267

幼稚園に入園し、集団生活が始まると、子供はすぐに風邪を引きます。

熱が下がったと思ったらまた別の風邪を引いて鼻水がズルズル、また治ったと思ったら今度は咳が…という具合に、次から次へと風邪をもらってくることも珍しくありません。

入園前は「ちょっと鼻水が出ているから今日は外出をやめよう」とか、「咳が出ているから家でのんびりしよう」ということもできましたが、そうしていると、幼稚園をずっと休ませなければならなくなってしまいますよね。

風邪を引いている場合、どのくらいの症状なら幼稚園に行っても大丈夫なのでしょうか?

熱がある時は休ませるのが吉

子供は体温が高いものですが、基本的に37度以上の熱がある時は、幼稚園をお休みした方が無難です。

発熱する場合、朝方はそれほど高い体温ではなくても、日中からしだいに上昇して、夕方から夜にかけて高熱になるケースが多いもの。朝の時点で既に37度になっていると、幼稚園で過ごしている間にもっと熱が上がる可能性が高いのです。

そうなると、早退することになってお迎えを要請されてしまいます。普段の平熱よりも体温が高い場合は、念のためにお休みしましょう。

咳がひどい時は熱がなくても欠席

しかし、単純に熱がないからといって、咳や鼻水がひどい状態で幼稚園に行かせるのも控えたいものです。

咳や鼻水は、他の園児に風邪をうつす大きな原因になります。たとえマスクをして登園させても、子供は暑い、邪魔、息苦しいなどと感じて自分で外してしまうこともあります。また、小さい子供たちは体を寄せあって密着して遊ぶことも多いため、風邪はすぐに感染します。

どの程度の咳や鼻水なら登園させてよいかは、最終的に親の判断に委ねられますが、親の目から見て「ちょっとこれでは他の子に風邪をひかせてしまうかも」と感じるような時は、熱がなくてもお休みさせましょう。

行事の時こそ無理はしないで!

遠足や運動会など、楽しみにしている行事の日に風邪を引いてしまったら、どうしますか?

子供はもちろん、幼稚園へ行きたがります。幼稚園のイベントを楽しみにしていたのに、自分だけ行けないなんて…熱が高く、具合が悪いのに泣いて行きたがり、癇癪を起こしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そんな時こそママは心を鬼にしてお休みさせる判断をしてください。

私の息子が通う幼稚園の親子遠足の日、熱が38度近くもあるのに「子供がどうしても行きたいって言うから」と、休ませずに連れてきたママがいました。

その子は熱が高いためにとても機嫌が悪く、行きのバスの中では泣きっぱなし。目的地に着いてからも自分では歩けず、ママがずっと抱っこで移動していましたが、表情もうつろでとても辛そうでした。

周りのママや子供たちも、
「〇〇くん、大丈夫?」
「かわいそう」
と心配そう。

結局は、お弁当を食べる前に途中で帰ることに…後で遠足の集合写真を見てみると、その子もママも、疲れきった暗い顔で写っていました。

これでは、せっかく楽しいはずの遠足の思い出も台無しになってしまいますよね。

行事に参加できずに泣く子供を見ると、ママも本当に心が痛むでしょうが、具合が悪い時に無理をしても、ママも子供もそれ以上に辛い思いをするだけです。行事の時こそ無理はせず、熱がある場合は勇気を持って参加を見送りましょう。

Sponsored Links