今後のために抑えておきたい!トラブルを避けるための行事でのマナー

272

運動会や発表会など、思い出に残る楽しい行事。パパやママ以外にも沢山の人が訪れます。

しかし、人が増えるほどトラブルが起きやすいのも事実です。マナーを守り、他人の迷惑にならぬよう気を付けるようにしましょう。

無意識の間にマナー違反を行っていないかどうか、意識すると良いですね。

子どもの姿を残しておきたいのは皆同じ

頑張る子どもの姿を、写真や映像で記録しておきたいものですね。

しかし、行事でのトラブルになってしまう事もあるので、マナーは守らなくてはなりません。自分の子どもを撮りたいが為に、人の迷惑になってしまう事もあるのです。

後ろにいる人が、見えずらくなるような機材を使ったり、人の場所まで踏み込んで撮影するのはNGです。撮影に没頭し、気づかぬうちに、他人の迷惑となってしまうケースが多く見られます。

場所取りは、後から来る人の事も考える

せっかくの行事なので、良く見える場所から観覧したいものですね。

早い時間から、場所取りを頑張る人も多いかもしれません。しかし、場所を取るなら最低限のスペースを確保するようにしましょう。不必要なスペースまで確保してしまうと、後から来た人の迷惑になってしまう事があります。

また、通路などの妨げになっていないかどうかなども気を付けなくてはなりません。

華美な服装に、気を付ける

子どもの行事に気合が入ってしまうのか、必要以上に気合を入れてしまう人もいるようです。

しかし、あまり華美な服装をする必要はありませんので、目的にあった服装を選ぶようにしましょう。沢山の人が集まりますので、香水などは迷惑になります。自分では、あまり香ってないつもりでも、他人には気になる事もあります。

また、コツコツとうるさい音がなるヒールなどを選ぶのは辞めましょう。運動会では、動きやすいスニーカーなどの靴を履きましょう。一緒に演目に出る事もあるかもしれませんし、ヒール部分で園庭に跡をつけるのを防ぐためです。

一緒に来た上の子どもの面倒も見ましょう

行事に一緒に連れて来ている上の子どもの面倒もきちんと見なければなりません。

保育園を卒業している年齢くらいですと、じっと座っているのは難しい年齢ですね。色々な所で遊び、他の人の迷惑になっている事もあります。放任するのではなく、自分の側に座わらせましょう。勝手にその辺で遊んでいなさいなどと言うのは、辞めましょう。

楽しい行事がきっかけで、トラブルになってしまうのは避けなければなりません。行事には、園児の2倍以上の人数が集まります。

また、普段顔を合わせる事が少ない、違うクラスの親御さんも沢山います。ママ友同志のトラブルの種にもなりやすいので、必要なマナーを守るって楽しい1日にしましょう。

自分の子どもが演目に出ていない時には、他の人が見えやすいようにしてあげる気遣いが大切です。皆、自分の子どもを見たいのは同じです。

Sponsored Links