下手すりゃ子供に大ダメージ|幼稚園のお弁当どんなのを作ればいい?

276

幼稚園に入園してから数日間は、慣らし保育や午前保育が続きますが、しばらくするとお弁当や給食が始まります。

  • お弁当にはどんなおかずを入れようか?
  • 量はどのくらいがちょうどいいの?
  • たくさん食べてくれるように、キャラ弁にするべき?

などなど、初めてのお弁当作りとなると、不安や疑問もたくさん湧いてくることでしょう。そこで今回は、幼稚園に入園したばかりの子供にお弁当を持たせる時のポイントについてお伝えしましょう。

最初のうちは「少なめ」「食べ切れる量」「好きなもの」を指定されることも

私の息子が通う幼稚園では、入園したばかりの子のお弁当は
「お子さんが食べ切れる量よりちょっと少なめで、おかずは好きなもの中心に入れてください」
と指導されます。

どんなに食欲が旺盛な子供でも、幼稚園に慣れないうちは緊張したり、不安に感じたりすることが多いものです。家で食べるのと同じように食べられるか、といったらそうとは限りません。幼稚園でお弁当を残してしまうことを、子供はかなり重大な失敗だと感じてしまいます。「全部食べられなかった…」と、落ち込んだり泣いたりしてしまうことも、少なくありません。

最初のうちは「全部食べられた」という自信をつけさせ、楽しくお弁当の時間を過ごせるようにするために、少なめの量で、好きなもの中心にして欲しい、というのが幼稚園側の考えなのです。

幼稚園に慣れたら、徐々に量を増やし、苦手なものも少しずつ入れてよいので、入園からしばらくは様子見のつもりで、少なめの量で、好きなものをお弁当に入れてあげましょう。

キャラ弁なんて作れないんだけど…

幼稚園のお弁当といえば、かわいらしいキャラ弁を思い浮かべるママも多いでしょう。

海苔やハム、チーズなどの具材を切り貼りし、人気キャラクターや好きな動物を作るキャラ弁は、子供も喜んでくれることと思います。お料理に自信があるママはぜひ挑戦してほしいところですが、幼稚園によってはキャラ弁を禁止しているところもあるようです。

これは、

  • キャラ弁を持ってくる子供が過剰に自慢したり、どのキャラがいいかで言い争いになったりして、イジメに発展する恐れがある
  • 具材を細かく刻んで盛り付けることや、作るのに時間がかかることに対する衛生的な心配

などが理由としてあげられます。

しかし、実際に心血を注いでキャラ弁作りをしているというママは案外少ないもの。

息子が通う幼稚園はキャラ弁禁止ではありませんが、保育参観などで子供たちのお弁当を見てみると、みんな至って普通のお弁当を持ってきています。どの子も、おにぎりに海苔で顔が描いてあったり、おかずにかわいいピックが刺してあったりする程度。やはり、朝の忙しい時間に作るお弁当ですから、手間がかかるキャラ弁作りは難しいのでしょうね。

子供は、ママが作ってくれるならどんなお弁当でもうれしいもの。愛情を込めて作れば、キャラ弁ではなくても大丈夫です。

Sponsored Links