残り物と冷凍食品で超豪華!手軽に作れるクリスマスリースのお弁当

305

クリスマスも近づくこの時期は、ママも子供も、何となく心がウキウキしてきますよね。幼稚園でも、クリスマス会などの行事を控え、楽しみにしている子供も多いかもしれません。

そこで、この時期ならではのクリスマスリースのお弁当の作り方をご紹介しましょう。家にあるものと、冷凍食品を使って簡単に作れるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

簡単! 手軽なクリスマスリースのお弁当

2014-12-05_12h02_06

 材料

  • ご飯 子供茶碗で1杯分程度
  • 卵 1個
  • ミックスベジタブル 適量
  • 冷凍食品のスパゲティ 適量
  • その他、唐揚げ、ウインナーなど、子供が好きなおかず

1.白いご飯をお弁当箱の中央に丸く盛りつけます。

小さめのお茶碗、コップなどを使って丸く形を整えたら、真ん中の部分のご飯を取り除き、リースの形にします。

2.冷凍食品のスパゲティをレンジで温めます。

温まったら、先ほどリース型に盛りつけたご飯の真ん中にスパゲティを入れます。

3.薄焼き卵を作ります。

フライパンに薄くサラダ油をひき、卵を流し入れます。
ほどよい焼き色が付いたら取り出し、キッチンペーパーなどで挟んで落ち着かせましょう。

4.ご飯の周りにおかずを盛り付けます。

唐揚げ、ウインナー、ハンバーグなど、子供の好きなおかずをリース型のご飯の周りに入れましょう。
ブロッコリー、ほうれん草、枝豆など、緑のおかずがあると、リースがよく映えますよ。

5.ミックスベジタブルを解凍します。

水分が多い場合は、フライパンで軽く炒めましょう。塩コショウで少し味をつけてもいいですね。リース型のご飯の上に、グリーンピース、人参、コーンを彩りよく飾っていきます。

6.薄焼き卵が冷めたら、細長く切り、リボンを作ります。

卵を本当に結ぶのは難しいので、細長く切った薄焼き卵の両端を中央で合わせるように折り、その上に短く切った薄焼き卵を乗せてリボンの中心とします。

端の部分も、短く切った薄焼き卵の先端に三角の切り込みを入れるだけでOK。残った薄焼き卵は、小さな星形にくり抜いて、ご飯の上に飾ってもかわいいですね。

いかがでしょうか?

冷凍食品を使って、盛り付けを工夫するだけでクリスマスらしいお弁当が簡単に作れます。年に一度のクリスマスのお弁当、ぜひ作ってみてくださいね。

Sponsored Links