幼稚園児にピアノを習わせたい!失敗する前にママが確認すべきこと

307

ピアノは、子供の間でも特に人気の高い習い事です。男の子、女の子問わず、指を動かすことで脳の発育が促されたり、音感やリズム感が身についたりすることで、良い影響を受けることができます。幼稚園に入園する頃から、ピアノを習い始める子供も少なくないでしょう。

子供にピアノを習わせたいと思ったら、まずママはどんなことを確認すべきなのか、考えてみましょう。

まずは子供の意志を確認

ピアノを習わせたい! とママが意気込んでも、肝心の子供に興味がなければ意味がありません。

小さな子供の習い事は、遊びの延長として、楽しくできることが大切です。子供自身が「やりたい」「楽しい」と思えるならOKですが、嫌がっているのに無理に習わせようとするのはやはりよくありません。まずは、子供自身がピアノをやりたいと思っているかどうかを確認しましょう。

また、ママが聞いたその時は「やりたい」と答えても、数日たつと「やっぱり嫌」なんていうことも、4~5歳の子供にはよくあること。一度だけでなく、間をあけて何度か確認するといいかもしれませんね。

指の力はついている?

私の娘と息子は、2人同時にピアノを習い始めました。娘はその時5歳、息子は3歳です。

習うことを決めた当初は、2人とも「ピアノやりたい!」と言っていたのですが、息子は始めて3ヶ月程度で嫌がるようになり、レッスン中にぐずったり泣いたりすることが続いたため、結局やめてしまいました。

これは、指の力や、思い通りに指を動かす技術がまだ発達していなかったため、先生の言う通りに弾けないことを苦痛に感じてしまったことが理由だったと考えられます。子供の指の力は未熟で、大人のように自由自在に動かすことができません。両手の指をそれぞれ上手に使えるようになるのは、5歳くらいからだと言われています。

それ以前に、複雑な指の動きを要求されるピアノを習うことは、子供にとって負担になってしまう可能性もあります。息子も、一生懸命やっているのに、なかなかできないというジレンマが大きくなって、ピアノが嫌になったのでしょう。この点では、ピアノを習わせるのがちょっと早すぎたと、私も反省しました。

ピアノを習う時は、子供に十分な指の力がついているかどうか、しっかり見極めることが大切です。もしも、そうした力がまだついていないと感じる時は、リトミックなどで様子を見るのもよい方法でしょう。

習い事にはリサーチが必須!

ピアノを習わせる前に、ピアノ教室の情報をしっかりリサーチしましょう。

習い事では、子供と先生との相性も大切です。近くだから、あるいは評判がいいからと、いきなりピアノ教室に通い始めるても、先生と合わなかった、なんていうことになってしまったらもったいないですし、子供もピアノに嫌な印象を持ってしまうかもしれません。また、レッスンの内容、曜日、時間帯とともに、送迎の大変さなど、ママの負担も考えなければなりませんね。

できれば、数件のピアノ教室をピックアップして、見学や体験レッスンなどを受けてみましょう。その中で、条件に合う、気に入ったピアノ教室、子供と相性が良さそうな先生を見つけるのがベストです。

ピアノを習わせるからには、できるだけ長く続けて、上手になってほしいですよね。そのためにも、最初が肝心!子供の意志を確認し、しっかりリサーチをしてピアノ教室を決めましょう。

Sponsored Links