これだけは押さえたい!幼稚園ママ達とのトラブルを避ける5つのコツ

323

子供が幼稚園に入園するにあたり、他のママたちと上手くお付き合いができるか不安を感じているママも多いことでしょう。

  • 「ママ友トラブルに巻き込まれたらどうしよう!」
  • 「ぼっちママになってしまったら……?」

など、まだ見ぬママ同士のお付き合いには、心配なこともたくさんありますよね。

幼稚園のママたちと、付かず離れずで上手くお付き合いをするためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

これだけは押さえたい!ママ友トラブル防止のコツ

幼稚園のママは、自分自身の友達とは違います。そのため、ある程度距離を置いたお付き合いをすることが大切。

距離を保ちつつ、気持ちのよいお付き合いをするために、次の5つのことに気をつけてみましょう。

1.笑顔で挨拶

どんな場面でも、第一印象はとても大切です。

まずは、笑顔で挨拶することを忘れずに。初めて顔を合わせるママ、話したことのないママでも、すれ違ったり隣り合ったりした時は、必ず挨拶をかわしましょう。

2.プライベートな話はしない

幼稚園のママは、あくまでも子供を介しての知り合いです。自分の友達のように、プライベートなことまで話をすると、何気なく言ったことでも「自慢している」と取られたり、他のママたちに言いふらされたりして、思わぬトラブルの原因なることもあります。

反対に、こちらの事情に踏み込んで、根掘り葉掘り聞いてくるようなママもいますが、聞かれたからといってなんでも正直に答える必要はありません。適度な距離を保つためにも、親しくならないうちはプライベートなことは聞かない、話さないようにしましょう。

3.噂話には加わらない

特定の人のことを噂したり、悪く言ったりするママの話に同調したり、相槌を打ったりすると、今度は「あの人もこう言っていた」と、あらぬことを吹聴される可能性もあります。噂話や悪口には加わらず、聞き流すのが得策です。

4.価値観の違いは割り切って

幼稚園には、それぞれ教育方針や考え方があります。他の幼稚園と比較した上で、その幼稚園を選択しいるわけですから、幼稚園で出会うママはある程度価値観の近い人同士が集まっていると言えるでしょう。しかし、中には思ってもみないような考え方をするママや、育児方針が大きく違うママもいます。

もしも、仲良くお話するようになったママとそうした価値観の違いを感じても、必要以上に気にしたり、流されたりしないようにしましょう。
「あのママはこういう考えだけど、私はこうだから」
と、割り切ることも大切です。

5.自分の世界を広げる

幼稚園のママ友という狭い世界に縛られていると、そのことだけで頭がいっぱいになってしまいます。また、空いている時間があると、幼稚園のママからあれこれ誘われて、断りたくても断れない状況になることも。

せっかく子供から離れる時間が取れるのですから、趣味に没頭したり、資格取得の勉強をしたり、あるいはパートなど短時間の仕事を始めたり、新しいことにチャレンジしてみましょう。自分の世界を広げることで生活が充実しますし、気が乗らない誘いをお断りする時も角が立ちません。

幼稚園ママとのトラブルを防ぐためには、距離を保った節度あるお付き合いをするのがポイントです。自分で選んだ友達と違い、子供を介したお付き合いだからこそ、上手くいかないことも多々あるものですが、上記のコツを押さえて、気持ちのよいお付き合いができるように心がけましょう。

Sponsored Links