幼稚園嫌いにならないために|入園グッズを用意する時に注意したい3つのポイント

334

幼稚園の説明会では、入園にあたって必要なものも具体的に説明されます。それをもとに、ママはいろいろな準備に取り掛かるのですが、その際に注意しておくべきことは何でしょうか?

子供が入園をますます楽しみにしてくれるように、そして、楽しい幼稚園生活を送れるように、気をつけるべき準備のポイントをお伝えします。

入園グッズを購入する時は、こんなことに気をつけてみよう

新しく入園グッズを購入したり、作ったりする時は、ママもなんだかウキウキするもの。しかし、実際にそれを使って幼稚園に通う子供のことを考え、次のようなことに注意して選んでみましょう。

1.園の指定やルールを守ること

用意するものによっては、色やサイズなどに幼稚園独自の指定があったり、キャラクター柄、キルティング生地は禁止といったルールが設けられていることがあります。こうした指定やルールは、必ず守りましょう。

一人だけ違うものを持っていると、子供は悪気なく

  • 「どうして〇〇くんだけ違うの?」
  • 「△△は持ってきちゃダメなんだよ」

などと責めるようなことを言ってしまいます。特に、キャラクター柄が禁止にもかかわらず、子供が好きだからといってその柄を使っていると、入園してから子供同士のトラブルに発展する恐れがありますから、気をつけましょう。

2.子供と一緒に用意すること

入園グッズを購入する時は、子供と一緒に選ぶようにしましょう。

入園グッズを選び、買うのは、子供にとっても大切な入園準備のひとつです。自分のものを買い、これを使って幼稚園に通うんだと自覚することで、入園、幼稚園生活へのモチベーションが高まりますので、ぜひ、親子で一緒に選んで購入してくださいね。

入園グッズに対しては、ママにも思い入れや好みがあることでしょうが、実際にそれを身につけて使うのは、子供です。子供の好みを優先し、ママの考えを押し付けないようにしましょう。

3.デザインよりも使い勝手を重視すること

とはいえ、子供に好きなものを選ばせると、やたらと派手でゴチャゴチャしたものや、レース、スパンコールなどがついたキラキラしたデザインを選んでしまいますよね。

入園グッズを選ぶ時に大切なのは、やはり見た目より使い勝手。小さな子供が使えば当然汚れますので、何度も洗濯することを考えて、材質が丈夫なもの、色落ちしないもの、洗いやすいものがオススメです。

子供がデザイン重視で選ぶ時は、うまく説得して、使いやすいものを選べるように誘導してあげましょう。

この3つのポイントに注意して、上手に入園グッズを揃えてみてくださいね。

Sponsored Links