遊びを掃除に!保育園から帰宅後に子どもと行う掃除術

344

毎日必ずしなくてはならない訳ではないといえ、保育園から帰宅後に掃除をするのは大変ですね。週末にどんなに綺麗に掃除をしようと、週半ばには、気になる誇りもちらほら。

そもそも、帰宅後は夕飯作りや子どもと遊ぶ時間、風呂などとやる事が沢山あります。そんな中での掃除は、一人でやろうと考えるよりも、子どもとの遊び時間についでにやると効率が良いかもしれません。

自分で歩く事が出来るようになったら、一緒に掃除や片付けをやるようにしてみましょう。子どもにも、掃除の習慣も付き、家も綺麗になる。まさに、一石二鳥と言えるかもしれませんね。

遊びの一貫として一緒に

小さな子どもには、掃除機を扱うのは難しいでしょう。しかし、何でも一緒にやるたがる時期ですので、二人で掃除機を持ちながら行うと良いかもしれません。

本格的な掃除は、週末に回す事にして、大まかな埃を吸う程度の気持ちで行います。もちろん一人で行った方が効率的ですが、一緒に行う事で、子どもの気持ちも満足しますよ。

ざっと埃を取り除いた後は、フローリングの掃除。ここでは、敢えて、別々の雑巾を用意するようにしましょう。

まずは、子どもに先に拭かせて上げる事がポイント。当然拭き残しが出てきますので、後ろから拭き直していきましょう。

掛け声を掛けたり、歌を歌いながら行うと、子どものテンションもアップしますよ。掃除が終わった後は、おやつなどのご褒美を上げるのも良いかもしれませんね。

平日は割り切りが重要

トイレやキッチンなど、細かな所の汚れが気になる事もあるでしょう。すぐに取れそうな汚れであれば、さっとふき取るなどすると、後々楽する事が出来ます。しかし、本腰を入れて掃除をしなければならないような状況であれば、諦めてしまうのも手です。

仕事に家事、子育てと、忙しい中で無理をするのはストレスの原因になってしまいます。日々の生活の中で、最も優先すべき順位のもののみを行うくらいの気持ちでいるようにしましょう。

我が家の掃除は週に二回。週末と、週半ばに一度行います。家電や家具などの拭き掃除や、トイレなどの掃除は週末に。平日は、ざっと掃除するのみに留めています。代わりに、大掃除は年に二回行います。

年末の大掃除から半年ほど経ったころに、もう一度家じゅうの掃除を行います。そうする事で、ひどい汚れが付きすぎる事もありません。1歳半頃から、子どもにも出来る範囲のお手伝いをお願いしています。

子供に自分のものを片付けさせよう

掃除はもちろん重要ですが、最も子どもにお願いしたい事と言えば、片付けかもしれませんね。子どもは、沢山のおもちゃなどを出しながら遊ぶことが多いので、片付けなくてはならないものが沢山。

片付けを自分でさせるように仕向けるには、出し入れがしやすいケースなどを準備しておく事です。とにかく一つのケースに全てしまう事から始めましょう。

物心がついていくにつれ、自分なりのこだわり方法で片付けが出来るようになってきますよ。

Sponsored Links