幼稚園の親睦会・懇親会ってどんなもの?参加しなくてもいいの?

346

幼稚園では、ママ同士の交流や親睦を深めることを目的として、親睦会や懇親会が行われます。

初めての子供を入園させたママは、この親睦会や懇親会ではどんなことをするの?と疑問に思うかもしれませんね。

そこで、今回は幼稚園の親睦会や懇親会について、詳しくお伝えしていきましょう。

園によってさまざま! 親睦会・懇親会の実情は?

幼稚園の親睦会や懇親会は、主にPTA役員やクラス委員のママが中心となって主催するもの。多くは、子供たちが幼稚園で活動している間の、平日の昼間に行われますが、その様式は園によって実にさまざまです。まずは、親睦会・懇親会の具体的な内容をいくつかご紹介しましょう。

茶話会、ランチ会

最も一般的な親睦会・懇親会が、この茶話会やランチ会です。

大人数で予約ができるカフェやレストランなどを利用して、あるいは、幼稚園の空いているお部屋や地域のコミュニティセンターなどを利用して、美味しいものを食べながらおしゃべりをするといった、気軽に参加できるタイプの形式です。

ゲーム、スポーツ大会

幼稚園や地域の体育館などを借りて、ゲーム大会、スポーツ大会などをする、アクティブな形式の親睦会です。

いい大人同士でありながらゲームで子供以上に盛り上がったり、日頃の運動不足をスポーツで解消したりと、楽しめる催しになります。

カルチャースクール、ワークショップ

クラスに何か特技や趣味を持っているママがいる場合は、そのママを講師役としてカルチャースクールやワークショップのようなものを開催することもあります。

他の形式と比較すると、時間や材料費がかかったり、開催する内容によっては下の子を連れて参加しにくいなどというデメリットもありますが、あまり経験できないことにチャレンジする、いい機会でもあります。

私の子供が幼稚園に通っている時に、実際に行われた親睦会では、

  • フラワーアレンジメント
  • アロマテラピー
  • ビーズストラップ作り
  • お好み焼き作り
  • 味噌作り
  • などがありました。

親睦会・懇親会には絶対に参加しなきゃいけないの?

親睦会や懇親会は、絶対に参加しなければならないというものではありません。子供の体調が悪く、親睦会の日に幼稚園を欠席する場合もあるでしょうし、仕事や用事などで都合がつかないということもあるでしょう。

しかし、時間があるのなら参加しておいた方がよい行事ではあります。幼稚園バスを利用しているママは特に、普段他のママと顔を合わせる機会が少ないものです。そこでこうした親睦会に参加し、自分の顔を覚えてもらったり、子供がよく遊んでいるママに挨拶したりすることで、交流の輪が広がります。

ママ同士の交流が深まると、自然に子供同士も仲良くなったり、また今まで遊んだことがなかった子供でも、一緒に遊ぶようになったりするものです。企画をしてくれる役員のママたちに感謝しつつ、子供もママも楽しい幼稚園生活を送ることができるよう、親睦会・懇親会には積極的に参加してみましょう。

Sponsored Links