気づかないうちに攻撃されている?マウンティングママの特徴と上手な交わし方

349

「マウンティング女子」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

自分の方が上だということをさりげなくアピールするために、相手の容姿や学歴、持ち物、ファッションなど、あらゆることを自分と比較し、それとなく貶すやり方を、マウンティングといいます。

女性関係というのは難しいもの。褒め言葉に悪意を包み込んで、相手をやり込めようとする女性は、どこにでも、もちろん幼稚園のママ友の世界にもいるのです。

ここでは、マウンティング女子ならぬ、マウンティングママに不快な思いをさせられないために、気をつけたいことをまとめてみました。入園、進級で、ママたちと初めて顔を合わせる機会が多くなる今後のために、ご参考にしてくださいね。

マウンティングママとの会話、その実態は?

マウンティングママとの会話の特徴は、主に

  • 一見相手を褒めているようで、実は貶している
  • 自分を下げているように見せかけて、さり気なく自慢をする

という2点にあります。これらを組み合わせることによって、「あなたより私の方が上よ!」とアピールし、優越感に浸るのがマウンティングママ。

それでは、実際にマウンティングママとの会話の例をあげてみましょう。

その1

Aママ「Bちゃん、いつもかわいい洋服ね」
Bママ「そんなことないよ、いつもセール品ばっかりで」
Aママ「え~、そんなふうに見えないよ。うちはいつもデパートで買うけど、お金かかる割に、何だか服に着られてるみたいで」

※ここでは、さり気なく「いつもデパートで子供服を買っている」ことを自慢しています。

その2

Aママ「Bちゃん、この間インフルエンザになったんだって? もう大丈夫?」
Bママ「うん、ありがとう。一気に39度まで上がって、焦ったよ」
Aママ「大変だったね。うちの子がインフルエンザになった時は40度越したけど、それくらいで済んでよかったね」

※これは、子供の心配をしているフリをして、実は「私の方が大変だったのよ」自慢をしています。

その3

Aママ「うちの子、入園したのにまだオムツが外れないんだよね」
Bママ「それは心配だよね。だったらスパルタだやってみなよ。甘い顔してちゃダメだよ、親が楽してると子供も楽しちゃうよ!うちの子はそれで1週間でオムツ取れたよ。大変だったけど、やっぱり厳しくしなきゃね」
Aママ「……」

※こんなふうに、アドバイスを求められてもいないのに、上から目線でダメ出しやお説教をするのも、一種のマウンティング。

マウンティングには、この他にもいろいろな種類があるようですが、付き合いの浅いママ友関係においてよく見られるのは、相手の子供を褒めるふりをして、私の子供の方がすごいのよ! と自慢するタイプが多いでしょう。

「この人、マウンティングママだ!」と気づいたら

何気ない会話の中で

  • 「あれ、もしかしてマウンティングされてる?」
  • 「この人、マウンティングママかも」

と気がついたら、どうすればいいのでしょうか?マウンティングは、されている本人以外は気が付きにくいのが特徴です。周りの空気を壊さず、できる限り穏便に過ごすために、次のようなことを心がけましょう。

1.「そうなんだ」「すごいね」で対応

マウンティングしてくるママは、自分の現状に満足していない傾向が強く、劣等感を持っているものです。そのため、他人から認められたい、すごいと言われたい、と思っています。さりげなく自分の子や持ち物を貶され、自慢話を聞かされて、心の中ではムッとしても、なるべく顔に出さずに

  • 「そうなんだ、すごいね!」
  • 「さすが〇〇さんだね」

と言ってあげましょう。悔しいからといってここで反論したり、自分の方が上だと逆にマウンティングし返したりすると、火に油を注ぐ結果になります。マウンティングママは、褒めておだてておけば、それ以上マウンティングしてくることはありません。

2.褒め言葉は褒め言葉として素直に受け取る

会話の端々に「これってマウンティング?」と思えるようなことがあっても、それをいちいち気にするのは精神衛生上よくありません。また、ママたちとの会話の中で、常に「マウンティングされているかも」「この言葉には裏があるかも」なんて思いながら相槌を打つのも、疲れますよね。

たとえ裏に「私の方が上よ」というアピールが隠れていたとしても、褒め言葉は褒め言葉として受け取りましょう。素直に「ありがとう」と言って微笑んでみせる余裕のある態度も、マウンティングママに対しては有効です。

3.自分の情報を与えない

マウンティングしてくるママは、こちらの情報をネタにして自分を持ち上げます。そのために、

  • 「どこに住んでるの?」
  • 「家は持ち家? 賃貸?」
  • 「パパのお仕事は?」

など、プライベートなこともズケズケ聞いてきます。正直に答えてしまうとマウンティングが始まりますから、自分の情報はなるべく相手に与えないように、曖昧に答えましょう。

初対面に近いママ関係の場合は特に、プライベートな話を上手くかわすのがコツ。マウンティングママからの質問には質問で返し、聞き役に徹するのもよい方法です。

マウンティングママとの会話では、それと気が付かないうちに貶されたり自慢されたりするからこそ、心の中にモヤモヤが残ってしまうもの。しかし、マウンティングしてくるのは、劣等感や満たされていないことの裏返しでもあります。

もしもマウンティングママが近くにいたら、さらっと会話を流しつつ、深く関わらないようにして自衛するようにしましょう。

Sponsored Links