ベッタリすぎて辛い?! 「重いママ友」5つのタイプと上手な付き合い方

354

独身の頃の友だち付き合いとは違い、子供を介するからこそ難しくなるママ友付き合い。自分の友だちのようにお付き合いをしていたら、とたんに引かれてしまったとか、逆に遠慮しすぎ、気を遣いすぎるあまり、うんざりされてしまった、なんていうことも少なくありません。

そんな難しいママ友付き合いの中で、注目したいのが「重いママ友」。距離感を上手くつかめないがゆえ、相手のママに「重い」と思われるのは、どんなタイプのママなのでしょうか?ここでは、重いママ友のタイプと、そんなママと上手に付き合っていく方法をまとめてみました。

そろそろ子供を連れて公園に行ってみようと考えているママ、そして、春から子供が幼稚園に入園するというママは、ぜひ今後のママ友付き合いのご参考にしてくださいね。

こんなお付き合いは重い! 負担を感じるママ友とは

まずは、付き合い方が「重い」と言われてしまうママ友とはどんなものなのか、5つのタイプの例をあげてご紹介しましょう。

1.何でもかんでも一緒! 女子中学生みたいなママ友

公園や幼稚園で一緒になると、常に横にピッタリとくっついて離れないタイプ。

幼稚園の行事や参観では、行きから帰りまで何もかも一緒にしたがったり、育児サークルやイベントなどがあると毎回一緒に行きたがるなど、まるで女子中学生のように、何でもかんでも一緒!ママ友がいなければ何もできないというその態度に、うんざりしてしまいます。

2.新しいママ友ができると嫉妬心をむき出しにするママ友

他のママ友とちょっと話しただけでも「あれ、誰ママ?」「何の話してたの?」などと、根掘り葉掘り聞いてきたり、あからさまに嫉妬したりするタイプ。

独占欲が強いゆえに、すぐに疑心暗鬼になり、他のママと一緒にいただけでも「私のことを仲間はずれにした!」「私の悪口言ったでしょ?」なんて疑うこともあるため、何かと付き合いにくいママ友です。

3.メールの返信をすぐに求めるママ友

メールの返信が来ないと、間髪をいれずに「返事まだ?」「どうしたの?」と聞いてくるタイプ。

緊急の用事ではなく「子供と〇〇へ行ったよ」「今日はランチで〇〇を食べたんだ」なんて他愛のない内容のメールを頻繁に送りつけてきて、それに対する返信をすぐに要求してきます。こちらの都合などお構いなしなので、イラッとすることもあるでしょう。

4.気を遣いすぎるママ友

子供同士がちょっとケンカしたら、わざわざ菓子折りを持って謝りに来たり、遊びに来るたびに豪華な手土産を持ってきたりと、とにかく気を遣いすぎるタイプ。

そのせいで、こちらも子供に喧嘩させないように先回りしたり、何かお返しをと考えたりしなくてはならず、負担が増えてしまいます。ある程度仲良くなってからは、気を遣わず、ざっくばらんなお付き合いをしたいと思っているのに、こういうことが続くと、だんだん疲れてしまいますね。

5.重い相談ばかり持ち掛けてくるママ友

口を開くと悩み事の相談ばかりで、他の話ができる雰囲気ではないタイプ。

ちょっとした愚痴ならまだ聞き流すことができても、深刻な相談になると、こちらも真剣に聞かなければ悪いような気がして、気が休まりません。毎回こうした話題しか出さないと、会うことすら憂鬱になってしまうことも。

重いママ友と上手に付き合うコツ

自分の友だちであれば、苦手なタイプなら付き合いをやめることもできますが、そうはいかないのがママ友という関係の難しさ。子供同士が仲良く遊んでいるのに、ママが自分の都合でお付き合いをやめるということはできません。たとえ苦手なママ友でも、それなりの関係を保ち続ける必要が出てきますよね。

こうした重いママ友に出会い、お付き合いをすることになってしまったら、どうすればいいのでしょうか?どのタイプのママ友でも、上手にお付き合いするコツは、「適度な距離を置く」「嫌なことには付き合わずにハッキリ断る」の2つです。

行事やイベントの行き帰りを一緒にしようと誘われたら、

  • 「今日は体調が悪いから早く帰るね」
  • 「ちょっと予定があるから」

といった理由をつけて、行動を共にしない時間を作るといいでしょう。

  • 「仕事を探してるから、ちょっと忙しくて」
  • 「夫の母が入院して、定期的にお世話しに行かなきゃならないから」

など、相手のママが納得する理由、かつ、継続的に断っても不自然にならないような理由を述べて誘いを断ったり、会う回数を減らしたりするのも有効です。こちらが忙しくて、会うこともメールの返信をすることもままならないということが分かれば、ベッタリしたお付き合いを好むようなママは、他のママと仲良くしてくれる可能性もあります。

また、気を遣いすぎるママ友には
「気を遣われるのが苦手だし、これからもよいお付き合いをしたいから、気にしないで」
とハッキリ告げましょう。菓子折りや手土産など、負担になるものは受け取らないという態度も重要です。

距離感がわからない、重いママ友というのは、どこにでもいます。子供を通じて知り合ったママ友は、自分の友だちとは違って、性格を知った上で仲良くなるわけではないため、お付き合いをする上での苦労も多くなるものです。

重いママ友とお付き合いする必要が出てきても、距離を置いて上手に接することができるよう、気をつけてみましょう。

Sponsored Links